2009年01月29日

カンザイシロアリ

こんにちは  木曜日担当の竜也です。

本日は、カンザイシロアリについてお話します。
 
カンザイシロアリというと乾材とも書きまして、読んでの
通り乾燥した材木を食害するしろありです。

日本には、先日NHKに取り上げられたアメリカカンザイシロアリ
と、もう1種ダイコクシロアリというしろありが生息しております。

後者のダイコクシロアリは熱帯地方に生息しているシロアリで
日本の本土には生息していないといわれていますが怪しいものです。

この2種のしろありは乾燥に強く、湿気を嫌います。

今まで紹介してきた、イエシロアリやヤマトシロアリは地下シロアリ
と呼ばれる種で上記の2種とはまったく反対の環境を好みます。

したがって、シロアリはしろありでもまったく別物だと考えてください。

駆除や予防の方法もまったく異なりますので覚えておいてください。

乾材しろありは砂粒状の糞を排出するのが特徴です。

写真を載せておくので参考にしてください。

IMG_1246.jpg

上記の写真のような糞を見かけたら当社にご相談ください。

posted by ラボ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113358512

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。