2009年01月16日

ヤマトシロアリの蟻道いろいろ

こんにちは 金曜担当の牧田です。

今日は、ヤマトシロアリのいろいろな蟻道をご紹介します。

ヤマトシロアリとは、日本で住宅を加害する最も一般的なシロアリです。ほぼ日本全国でみられます。

ヤマトシロアリは土壌を介する昆虫で、土壌中や木材中などにひそみますが、他の昆虫のような立派な外骨格がないので、蟻道という糞や口器からの分泌物などでかためたトンネルのようなものをつくります。

もっともシンプルなものが
蟻道@.JPG

こういったものをつくり、シロアリは外気や天敵から身を守っています。


ふだんは、写真のように基礎などに伝って行く事が多いのですが…



自分達の力だけで…
空中蟻道.JPG

がんばったんだな〜


湿気が嫌いとおもわれているシロアリも何故か…
空中蟻道B.JPG
通気口の目の前に蟻道をつくってますね。
蟻道の中は外気から守られているのがよくわかります。


このように蟻道といってもいろいろあります。
もっと他にも珍しい現状もありますので、また面白い写真がとれたらアップしますので、お楽しみに!!
posted by ラボ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。