2008年07月31日

暑い!!

こんにちは 木曜日担当の竜也です。

暑い日が続きますが夏に負けないようにがんばってます。

最近は、工事にうかがうと決まってお客様に「暑いのに
大変ね」と声を掛けていただきます。

非常にうれしいことです。余計にがんばってしまいます。

さて、この夏の時期の床下はどんな感じなのでしょうか?

梅干やらっきょうなどの漬物を貯蔵するのに床下収納庫を
利用される方も多いのは、1年を通じて条件が一定していて
環境が変わりにくいことがあげられます。

これは太陽に光や、雨、風などの外部的要因を受けにくい
ところだからです。

実際、床下はこの時期ひんやりとしています。


ここで問題がおきるのですが何かお分かりでしょうか?


それは結露です。


外気温度が高くて、床下の温度が低いことでおきてしまうのです。


和室断熱材.JPG

床下の状況は夏と冬では違った顔を見せることがあります。

ご自宅のこの時期の床下、冬の寒いときの床下1度ご覧になっては
いかがでしょうか。

ご自分ではちょっと、という方は当社をご利用ください。
posted by ラボ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

気付いた時には

こんにちは!

火曜日担当の竹中です。

先日駆除の工事をしてきました。

床下には蟻道が幾つか存在しており白蟻も生息しておりました。
被害部処理.JPG
この写真は白蟻の被害を受けてしまった木に穴を開けた後、

薬剤を注入しているものです。

この白蟻のいた所を床上から確認して見ると

白蟻がいた所の真上にある柱にも被害がありました。

白蟻の被害は床下に潜ることでもない限り発見する事は困難で、

気付いた時には手遅れになっている事があります。

そうならない為にも是非定期的な調査と消毒が必要です。


posted by ラボ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

家の守り神?

金曜担当の高橋です。



今日はお客様宅の床下での出来事を書きます。


皆さんは、家に蛇がいると家の守り神だと言う話を聞いた事が


有りますか?田舎の方へ行くと床下に蛇がいた場合「守り神だから


殺さないでね」と言われたりします!。



殺さないでと言われても薬を撒かない訳には行かないので、採れる


時は出来るだけ採って外へ逃がします。



しかし、蛇は好きじゃないんですよね〜。どちらかと言えば嫌い


です。床上で見ても気持ち悪いのですが、床下の閉塞された空間


ではもっとグロテスクなのです。


それで床下で出合った時の写真がこちら

P1010019.JPG


P101048.JPG


ちなみに当社では蛇の駆除はしていませんのでお願いします。


蛇の駆除は保健所・消防署で対応してくれます。

虫関係の事ははこちら

posted by ラボ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

床下以外の侵入

こんばんは!

火曜日担当の竹中です。

以前白蟻の駆除の工事をした際に床下の木材は被害にあっているのに

白蟻の道となる蟻道が床下に確認出来ない事がありました。

では何処から?と思うかもしれませんが

今回のケースは家の外からでした。
外から.JPG
この写真の様に家の外側をつたって侵入していました。

家の外側に物を置いていませんか?

特に家にピッタリとつけて置いている場合は

家と物の隙間が日陰になり、風通しが悪くなり

白蟻の侵入に適した場所になってしまうかもしれません

皆さんの家は大丈夫ですか?

もし白蟻の道を見つけた場合こちらまで連絡ください。



posted by ラボ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

責任

こんにちは 木曜日担当の竜也です。

最近はイエシロアリの翅蟻の発生が活発で問い合わせも
多く、多忙ですが充実した日々をすごしております。

先日、お客様より一昨年駆除してもらったが翅蟻がいる
との問い合わせを受けその日のうちにうかがいました。

実際はしろありの再発ではなかったのでお客様も我々も
安心したのですが、1度被害にあわれた方は1匹でも翅蟻
をみると、またかと不安になるのは当然のことです。

これからもお気軽にご連絡ください。

我々は生き物を相手にしております。相手も生きようと
必死ですので1度では駆除しきれないこともあるのが本当
のところです。

5年間は弊社でシロアリについては責任持ちます。
そこで、5年間保証をお付けしております。

5年間は消毒費用は不要です。
(増築した場合は別途料金かかります)

我々、アイジーコンサルティングは5年間は逃げも
隠れもしません。

誠実な対応をお約束します。







posted by ラボ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

ネズミ駆除

こんにちは静岡の相川です。

本日はネズミの駆除に行って来ました。

ネズミの駆除は、まずお客様からの情報収集から始まります。

実際にネズミを見たり、足音を聞いたのはお客様なので、その情報を頼りに駆除の方法を導き出していきます。

今回もお客様の情報から、天井の確認、床下での進入経路の確認、閉塞作業とトラップ等を仕掛けていきました。

お客様から物音がする箇所や現状を伝えられたおかげで、よりよい処理をとることができました。

シロアリはもちろんですが、ネズミなどでお悩みの方は一度ご連絡下さい。
posted by ラボ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

黒蟻の羽アリ

こんにちは!

火曜日担当の竹中です。

先日、羽アリが発生したとの事で工事に伺いました。

今回発生した羽アリは黒蟻の羽アリでした。
黒蟻.jpg
これが黒蟻の羽アリです。
ちなみに
白.jpg
これが白蟻の羽アリです。

羽アリと言っても白蟻だけではなく黒蟻もいるのです。

普段から白蟻を見ている専門家には見分ける事が出来るのですが、

見慣れていない方の場合見分けるのは難しいと思います。

簡単に見分け方を説明すると

1、黒蟻は頭部と胸部、腹部の境目がくびれていますが白蟻は寸胴です。
2、白蟻の羽は4枚とも同じ大きさですが黒蟻は前と後の羽の大きさが違います。
3、白蟻の触覚は数珠状ですが黒蟻は「く」の字のように曲っています。

この様な所で見分ける事が出来ます。

専門家に相談いただければ確実なのですが・・

迷った時は専門家までご相談ください。

posted by ラボ at 21:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

畳までの経路

こんにちは!

火曜日担当の竹中です。

少し前に伺ったお宅の床下でこんな物を見ました。
畳までの.JPG
少し見難いですが、
蟻道が地面から束石→束柱→大引き→床板とあがっている、

地面から床板までの道のりです。

通常大引きから根太をつたって床板に到達する事が多いのですが、

今回は大引きから空中に蟻道を作り直接床板に到達していました。

そしてこの蟻道があったのは和室でした。その為、ここの上にあった畳まで

被害に遭っていました。畳の表面もぼさぼさになっていました。

この被害のあった部屋の畳は全て被害に遭っていました。

その為に全ての畳の交換をするそうでした。

もし早期発見が出来ていればここまでの被害に遭わなかったはずです。

定期的なメンテナンスは早期発見する為に欠かせないものです。

是非定期にメンテナンスを行ってください。

調査を希望の方はこちらまで



posted by ラボ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。