2008年04月29日

家の外での工事

こんにちは!

火曜日担当の竹中です。

先日少し変わったお宅の工事を行いました。

普段は床下に潜り薬剤を散布し消毒を行うのですが、

特殊な造りのお宅で薬剤を床下などに散布出来ない場合は

家の周りの土に薬剤を注入し薬剤で家を囲む様に処理する事があります。

この処理のみをしても完全にシロアリからの被害を防ぐ事は出来ません。

あくまで補助的な役割として行っています。

当社ではイエシロアリの消毒の際に通常の床下での薬剤散布と

合わせて行っています。

詳しくはこちらまでどうぞ
posted by ラボ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

竹炭について

最近話題になっています竹炭ですがそもそも竹炭とはどのようなものでしょうか?


竹炭とは、一般の木炭と同様に竹をむし焼きにして炭化させたものです。
炭化することで、竹はパイプ状の無数の孔をもつ多孔質構造となります。それにより吸着性に優れた性質を持ち、空気・水の浄化、消臭、調湿など様々な作用があります。

当社ではこの性質を利用して床下調湿材として利用しています。

備長炭のような木炭でもいいのではないかとよく言われますが
竹は1年で1メートルも成長することもあり(まさに破竹の勢い!)3年で竹炭として最適な状態に成長します。
森林保護の考え方からも当社では竹炭が一番適しているのではないかと考えています。

当社では竹炭を通気性の良い不織布で包んでこのような形で床下に敷き詰めています。
1A7C1AY1A~1A1A1A1A1A1AH1A1A1AA.jpg
posted by ラボ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

変化する環境

金曜日担当の高橋です。


今日は本日お客様宅で起きていた状況を書きます。

今日のお客様は築30年ぐらいの建物で、今回初めての白蟻駆除工事

です。今まで床下を見た事がないと言うお客様で当社で調査するまで

白アリの発生には気付いていない状態でした。

シロアリの被害は補強をしなければいけないほどでは有りませんが結構酷く

食害されていました。この現場はシロアリの被害だけではなくもう一つ

大きな問題が発生していました!。

それは、雨水の流れ込みで床下に水溜りが出来ていたのです。

赤丸部分が水溜り
画像.jpg


水溜りは広範囲に広がっており床下はドロドロの状態でした。

原因はお隣が家を建てる祭に土地を上げて建てている為、雨が降ると

水が流れて来る立地になった事と、基礎部分に亀裂が入っていて、その

隙間から水が流れ込んでいたのです。今回は亀裂部分の補修を行い

水が入らないように施工を行ないました。


今回のように周りの環境が変わると建物に影響が出ることも有るので

白アリの食害のみではなく建物全体の定期検査は必要です。

検査ご希望の方はこちら

posted by ラボ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

羽蟻?羽根蟻?翅蟻?

こんにちは  木曜日担当の竜也です

このブログに最近よく羽蟻という言葉が出てきます。

今日はハネアリという言葉について書きたいと思い
ます。

「羽」という字は鳥に生えているはねという意味です

「羽根」という字は鳥から抜けたはねという意味です

「翅」という字は昆虫のはねを意味する字のようです

ですから私たちがいうはねありは「翅蟻」という字を
使うのが正しいようです。

しかし「翅」という字は常用漢字ではないので「羽蟻」
でも間違いではないようです。

しろありの翅蟻は白くありません。

黒いハエのような虫がたくさん出ることがありましたら
シロアリの翅蟻かもしれません。

専門家に診てもらうことをおすすめします。






posted by ラボ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

お風呂場の工事

こんにちは、静岡でシロアリ消毒の工事を担当しています相川です。

今は現場の応援の為、横浜に来ています。

明日は一人で横浜の現場を回るのですが、道に迷わないかが一番の不安です…。


今日のお宅は、タイルのお風呂をユニットバスに変える工事を行っていました。

工事の際にお風呂場の土台を見てみると、シロアリの被害と腐朽がありました。

タイルのお風呂は浴槽の下が土などで埋まっている為に、シロアリも発生しやすいのですが、土で埋まっている為、床下の状況を確認できないのです。

土台も床下から確認できる部分もありますが、一番危険な埋まっている方は目視できないのです。

確認できないとはいえ、シロアリを予防する方法は存在します。

工事の際には、しっかりとした説明を行い理解していただいた上で行っていきます。
posted by ラボ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

補強

こんにちは!

火曜日担当の竹中です。

先日シロアリの消毒と一緒に大引きの補強工事を行いました。

ピアノなどの重い物を置いてある場所は他の場所よりも

床のへの負荷は大きくなってしまいます。

先日行った工事の場合はピアノの置いてある部分の補強を行いました。

我々アイジーコンサルティングはシロアリのみでなく

上記の工事や耐震などさまざまな工事を行っています。

シロアリのみでなく何か気になる事がありましたら

こちらまでご連絡ください。
posted by ラボ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

今年もツバメが来てくれました。

こんにちは月曜日担当の稲葉です。

ブログを見るとわかると思いますが羽アリの季節になりました。


先日もある飲食店から羽蟻が出たと連絡があり急遽その日の閉店後の11時半から対応する事になりました。

我々が一番忙しくなり正直大変ですが社員全員が一致団結して仕事をこなしていく感じが結構好きです。

この時期の個人的な楽しみは事務所の駐車場にツバメが来てくれることです。今年も例年より遅いので心配していましたがちゃんときてくれました。
P1010010.JPG

このツバメさんシロアリの羽蟻も大好物で注意してみていれば飛んでいる羽蟻を空中キャッチしているところを見かけることもあると思います。

目的は違いますがある意味同業さんになりますので今後もツバメさんを見守っていこうとおもいます。

posted by ラボ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

羽蟻の時期

金曜担当の高橋です。


私が居る岡崎でも15日に羽蟻が出たと言う電話がお客様から入りました。

今回申し込みを頂いたお客様の物件は飲食店店舗になりますが、飲食

店店舗の場合水や火を使う為厨房が蒸し暑くなるので一般の住宅より

羽蟻が早く発生する傾向があります。


今年の一般的な羽蟻の発生はゴールデンウィークあたりかと思います。

例年より1週間早いぐらいで、桜の開花と比例しているような気もします。


羽蟻が発生すると確実に建物にも白蟻が付いているので必ず駆除をしましょう。


調査の等はこちらまで。
posted by ラボ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

発生

こんにちは!

火曜日担当の竹中です。

静岡県で羽アリが出たとの情報がありました。

岐阜ではまだその様な情報はありませんが

静岡で発生しているのでいつ岐阜で発生してもおかしくありません。

特に雨の次の晴れた日にはご注意ください!

雨の次の日というのは羽アリが発生しやすいです。

もし羽アリが発生したという方はこちらまでご連絡ください。

早急に対応をさせていただきます。
posted by ラボ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

差別化

金曜担当の高橋です。

先週は、とある企業の勉強会参加の為大阪へ行ってきました。

その企業は商品や仕組みにより他業者との差別化を図っていくと言う内容

で自社の取り扱う商品をアピールして販売するのではなく仕組みを買って

頂くと言うもの。


商品での競争では他社でまねできない物を作るか、それが出来ない場合

まねできないほど安く値を下げるしかない中で、仕組みを販売すると言う事

はとても良い方法だと思います。私たちのシロアリ業界でも差別化はとても

重要な課題であり永遠の課題ともいえます。

商品や仕組みの差別化は常に考え行なって行かなければいけないと思いますが

究極の差別化は現場で直接お客様に接するメンバー一人ひとりがどの様な

意識で現場にあたるかだと思います。自分が工事を受け持ったお客様の

家は保証期間内守っていく!と言う意識を持ち工事にあたるのと、ただ

何となく現場に行って薬剤を撒くのでは天と地との差が有ると思います。

純粋な気持ちで自分の仕事に誇りを持ちお客様へのサービスへと変えていく

その当たり前の事が一番の差別化なのだと思います。


pho_01.jpg



当たり前を続けて100余年これからも誠実と誇りを胸に取り組んでいきます。

posted by ラボ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

混入事件

こんにちわ 木曜日担当の竜也です

また薬物の混入事件がおこりました。
物騒な世の中になりました。
先日、新聞で読んだ記事に食に対する意識調査が
ありました。
日本人は食糧を買うときにあまり安全かどうかの
心配をせずに購入する傾向があるようです。
 
これは、売っているものは安全なのが当たり前で
消費者をだますようなことはしないだろうという
日本人の先入観からくるものではないでしょうか。

それが今では、日本の食の安全は完全に崩壊して
しまいました。

衣・食・住これの1つが欠けても人間的な生活は
約束されません。
食料需給率の低い我が国日本は輸入食料の安全の
見極めを確実なものにしこれからどうして行くか
を真剣に考えなくてはいけない時期に来たのだと
思います。

安全で安心して頂くためには努力が必要です。
われわれアイジーコンサルティングはこれからも
安心・安全のために努力していきます。



posted by ラボ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

IPMという考え方

こんにちは最近は年甲斐もなく○ンスター○ンターにはまっている
月曜日担当の稲葉です。

今日はIPMという言葉について話をします。

このIPMの意味はIntegrated Pest Manegementの略で

総合的害虫管理となりむやみに薬剤を散布する従来の方法とは違い

化学的、物理的、生物的などの考え方を組み合わせて環境や安全、

経済的な配慮をし害虫管理、被害軽減を実現するものです。

農業やPCOの世界では一般的になりつつありますが

白蟻消毒については現状では当てはまらずしろあり対策協会の

標準施工書にのっとったものになります。

今後はシロアリの生態や建築物の状況を調査して現場ごとにあわせた

施工方法を考えていかないといけないと私たちは考えています。

当社も社員主体のプロジェクトが発足してただいま研究中です。


posted by ラボ at 17:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

木材

こんにちは 木曜日担当の竜也です。

木材も人間と同じ細胞の集まりでできています。
その細胞を構成している細胞壁をみてみると
木材に関しては大きく3つのものから形成されています。
セルロース・へミセルロース・リグニンです。

コンクリートの建物で説明しますと、セルロースが鉄筋に
あたり、リグニンがコンクリートでへミセルロースが接着剤
の役割です。

シロアリはセルロース、へミセルロースの部分を食害します。

記憶にも新しい耐震偽装問題で鉄筋不足が問題になり
ましたが、白蟻に被害のあった木材はまさにその状態なのです。

白ありは子孫を残すために1年に1度だけ生殖機能をもった
ものが翅をつけて飛び立ちます。多くがこのときにしろあり
がいることを知るのです。
しかし、白ありとは言っても翅をつけたものは白くないので
シロアリとはわからずにまた次の年まで放ってしまうことに
なり誰でもわかるぐらい大きな被害になって気づくことが多い
のです。

今からの時期雨上がりのムシムシするような湿気の高い午前中
このときがやつらのあらわれるサインです。

見たことないような虫が出るこのようなときはまずはご相談ください。
posted by ラボ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

新築の消毒

こんにちは、水曜日担当静岡の相川です。

本日は富士宮の方まで工事に行ってきました。

移動中は東名から富士山や満開の桜が見えて、とても快適でした。

現場はまだ基礎も打っていない新築の土壌の消毒だったのですが、

新築ではこういった土壌の消毒、

次に基礎や土台、大引きなどの床組みの消毒、

そして柱や壁などの立ち上がり部分の消毒といった工程で大体が行っていきます。

新築を建てたばかりでシロアリに加害されてはたまりません。

家は大切な財産ですので、新築時に引き続き、定期的な消毒が必要だと感じます。
posted by ラボ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

床下換気扇

こんにちは!

火曜日担当の竹中です。

先日床下に換気扇を設置しました。
kankisen.JPG
今回設置したのは攪拌型というもので名前の通り

床下の空気を攪拌させるものです。

通風口などがない所では湿気がこもりやすい所です。

そういった所には湿気対策が必要です。

換気扇以外に調湿材を敷き込むのも対策の一つです。

どちらか片方でも効果はありますが一番は両方を設置する事です。

両方設置する事によって相乗効果を発揮する事が出来るからです。


床下の湿気が気になるという方はこちらまでご連絡ください。


posted by ラボ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。