2008年03月31日

ネズミ四方山話

こんにちは月曜日担当の稲葉です。

今日はネズミのことについて簡単に話をします。

そもそもネズミの語源は人が寝ている間に食べ物を食べてしまうために

寝盗みが転じてネズミと呼ばれるようになったと

いわれています。

昔は家に侵入して台所の食べ物を食べられたりする被害が一般的

でしたが最近は電線や通信ケーブルをかじったりして停電や火災

に至るケースも多数報告されています。

これはげっ歯類に特徴的な一生伸び続ける門歯を持つために

常に何かをかじって門歯を削っていないと口が閉じられなくて

餓死してしまうためです。

また最近は一般住宅での被害が少なかったのですが生活環境の変化や

住民の駆除意識の低下からネズミの苦情も増加しています。

ネズミの被害はその他にも病気を媒介したり食品に体毛や糞が

混入したりと衛生的にも問題になります。

家ネズミと呼ばれるネズミで比較的大きい1匹のドブネズミやクマネズミが

1年間で体毛がを50万本落とし、2万5千本の糞を落とすそうです。

比較的小型のハツカネズミでも1万8千個の糞を落とす事になるそうです。

考えただけでも気持ち悪くなりますね。

予防方法としては

@食べ残しは、蓋付きの容器に入れたり、食材は戸棚に整理するなど、食品の管理を良くする。

A通路になるような不必要な隙間をふさぐ。

B巣の材料になりそうな布、紙などを始末し、ネズミが住み着きそうな空間はなるべく作らないようにする


posted by ラボ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

羽アリの出る時期

こんにちは金曜日担当の高橋です。


今日は白蟻の中のヤマトシロアリという種類の白蟻について書きたいと

思います。このヤマトシロアリは日本中何処でも生息が確認されている

種類の白蟻になります。この白蟻は特定の巣を持つシロアリに比べ被害

は小さいですがその分小さな被害が多く点在する事があります。

イエシロアリなど固定の巣を持つシロアリは巣の駆除が出来れば殆ど

が死滅するのですが、ヤマトシロアリの場合は職蟻(働きあり)が

25匹ほど死なずに生存すると、その集団から大きな集団へと発達する

事が有るのです。これは簡単に言うと働きアリが女王に変化し卵を

産むようになるのです。


この事からヤマトシロアリはイエシロアリに比べ駆除が難しいとも

言われています。


これからの時期(ゴールデンウィーク前後)にはヤマトシロアリの羽

アリが発生する時期なりお客様がシロアリの生息を認識しやすい時期に

なります。羽アリは全体の数の10%しか発生しないので発生したシロアリ

の90%は床下で食害を続けます!羽アリを見たらすぐに専門家の診断

をお受けください。 何処に頼んでよいか解らない方はこちらを確認下さい。
posted by ラボ at 10:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

暖かくなってきました

こんにちわ  木曜日担当の竜也です。

陽気も良くなってきました。暖かくなってくると
虫たちの活動も活発になってきます。
 
虫たちにも種類や生息場所によって活動温度という
ものがあります。これは、高すぎても・低すぎても
虫たちの活動に支障をきたします。

恒温動物である私たちとは違い、自然界の気温に
敏感に反応・適応しなければ生きていけないという
ことです。

人間はその点楽に生きて行けると感じます。
体温調節のできる私たち人間は寒ければ暖房をつけ
ればいいし、服を着込めばいいです。
夏、暑くて死ぬことも稀なのです。

虫たちに置き換えれば活動時期を間違えればすぐに
死を意味します。体温調節ができないからです。

私たちの仕事はいつも死と隣り合わせの生き物たち
を防除することです。彼らも生き残るために必死です。
私たち防除する側もそんな彼らと、生きるか・死ぬか
の知恵比べを本格的にする時期がきます。

ただ防除するだけでなく虫たちに敬意を払い体の続く
かぎりこの仕事を続けていけたらと思います。

今年も楽しみです。



posted by ラボ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

玄関の被害

こんにちは、水曜担当の静岡の相川です。

本日伺ったお宅なのですが、玄関框と土台にシロアリの被害を確認しました。

床下から確認した所、框下地や土台に基礎から蟻道(蟻の進入経路)が上がっていませんでした。

被害箇所が玄関だったので、床下以外の進入経路としては、玄関の土間からだと考えられます。

玄関は床下がない土間が打ってある作りになってるお宅がほとんどですが、土間の下は土になっています。

土壌からの湿気を土間がふたの変わりになってしまい、土壌に湿気がこもりやすく、シロアリが好む環境になってしまうんです。

今回は床下からの土台の処理と、床上から土間を穿孔し、土間の下に薬剤を注入する処理を行いました。

シロアリ駆除にはマニュアルはないので、進入経路や、被害状況をしっかりと確認したプロの対応が必要です。
posted by ラボ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

小さな開口

こんちには!

火曜日担当の竹中です。

本日工事を行ったお宅で小さな開口に出会いました。

高さは十分にあったのですが

横幅が30cm程度しかなかったのです。

パッと見ただけでは通り抜けれるか

不安でした。

ですが意を決して挑戦した所

見事通り抜ける事が出来ました!

昨年の4月には肩がつっかえて

あまり狭い所にはいけませんでした。

しかし次第に狭い所を抜ける方法を見つけ

段々と狭い所にいけるようになりました。

しかし私よりも低く狭い所にいける方も

もちろんいるので私もまだまだだなと感じる

今日この頃です。







posted by ラボ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

電気工事士勉強中です。

金曜日担当の稲葉です。

3月17日から電気工事士試験の申し込みが始まりました。

今年は自分も挑戦してみようと思い申し込みました。

試験日は筆記試験は6月8日で技能試験は地区により異なり

名古屋は7月27日になります。

申し込みはしましたが勉強についてはまだまだこれからですので

あと約2ヶ月しっかり試験勉強していきたいと思いますが…

それができれば苦労はありませんね。

ただこうやって宣言しておけばすこしは尻に火がつくといいのですが

9月には電気工事の仕事をバンバンやっているのを夢見てがんばります。
posted by ラボ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

必要とされる事

金曜日担当の高橋です。


今日は私がこの仕事に携ってきて感じた事を書きたいと思います。

私はこの仕事に入社してから数十年が経ちます。23歳の時横浜店店長

として店を立ち上げる為に技術員から店長として当時働いていた名古

屋店から横浜へと行きました。横浜店と言っても部下が居る訳では無

く、経理を行なっている方と妻と私の3名の職場でした。

当時の横浜店はIGコンサルティング(旧社名:井上白蟻研究所・イ

ノウエコーポレーション)という名を知っているお客様は殆どいない

状態でした。仕事も無く焦る日々を送っている状態です。そんなある

日、夜10時頃に1本の電話が会社に入りました。電話の内容は「部屋

の中に蜂が入ってきて、消防署や保健所に電話をしたが取りあつかっ

てくれなく、怖くてどうしようもないので何とかして欲しい」という

内容でした。当時は白蟻以外の駆除は行なったことが無く、何をどう

して良いか解ら無い状態でしたが、掃除機で吸い込んでしまえば良い

と思い掃除機を片手に現場へ向かいました。


現場に着くと家族の方が蜂におびえていましたが、掃除機で吸い込み

駆除は問題なく終了しました。その後、お客様からとても感謝され数

万円払いますと言われましたが、「駆除は掃除機で蜂を吸っただけな

ので料金は結構です。」と話し今後、白蟻などで困っている方がみえ

たら紹介してくださいと話し終わりました。


その時に感じた事は、お客様に必要とされる嬉しさです。

そして、何とかしてあげたい!と言う純粋な気持ちでした。


私たちの仕事は財産を守り安心・安全を提供する事です。会社なので

利益を無視して行う事は出来ませんが、常に感謝の気持ちを持ち志し

を忘れない組織であり続けたいと思っています。










posted by ラボ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

大事・大切

こんにちは  木曜日担当の竜也です

今日は私の仕事をする上での大事・大切にしていることを
書きたいと思います。

私どもの仕事は工事を行って5年間しろありの保証をおだし
しております。
したがって、今日工事を行ったお客様は5年間何があっても
守らなければいけません。会社をそれまでに辞めることはお客
様を裏切ることです。
しかし、毎日工事に行きますからその繰り返しということに
なります。

仕事を続けていくこと大事・大切なことだと思います。

お客様は弊社アイジーコンサルティングに工事を依頼する
わけで、保証も会社がするのですが「あなただったから契約
した」「あなたに工事してもらってよかった」「あなたを
信用したから工事を頼んだ」という声を頂くことがあります。

これも大事・大切なことだと思います。

結局、人と人が出会って仕事になるのですから会社の歯車の
1人ではなく、1人1人が会社の代表としてこれからもお客
様に接していこうと思います。





posted by ラボ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

来た時よりも美しく

こんにちは、水曜日担当の相川です。

皆様、この春先花粉症は大丈夫ですか?

私はどうやら今年から花粉症になってしまったみたいです。

今もブログを更新しながら、くしゃみが止まりません。


最近では静岡エリアを一人で回る事も多くなってきたのですが、

工事をする際に私が気をつけている事が二つあります。

それは、養生と補修です。

養生はお客様の家を汚さない為に、しっかりと行い、

工事の箇所はしっかりと掃除もさせていただきます。

二つ目の補修ですが、シロアリ消毒の工事には床上で行う作業もあります。

その際に壁に2ミリ程度の穴を空けたりしますので、

空けた箇所は、なるべく目立たないように色を合わせて補修をしていきます。

私は工事の後に毎回お客様に確認していただいているのですが、

どのお客様も「全然分からないね〜」とおっしゃってくれます。

工事をしっかりしてシロアリを予防する事はもちろんですが、

来たときよりも美しく!をモットーに、

養生や補修を行っていきます。

posted by ラボ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

あれはまさか!

こんにちは!

火曜日担当の竹中です。

先日普段の様に床下に潜った所何か見慣れない物がありました。

見慣れない物とはこれ↓です。
P1010043.JPG
わかりますか?これは蜂の巣です。

私は床下で蜂の巣を見たのは初めてで少し戸惑いました。

床下で蜂に襲われてしまったら刺されてしまうのは確実でしたので

慎重に事を運びました。

幸い蜂の巣には蜂がいなく刺される事もありませんでした。

昨日の記事にもありますが刺されてしまうと

アナフィラキシーショックの危険性もあります。

今回は蜂に出遭う事は無かったのですが

たまに蜂がいる物もあるので今回は運がよかったです!

この様に床下には予期せぬ事もたくさんあります。

是非とも床下はプロにお任せください。
posted by ラボ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

なくなれ!アナフィラキシーショック

花粉と黄砂で自分と愛車が悲惨な事になっています。
月曜日担当の稲葉です。

ニュースでアナフィラキシーショックは白血球の1種の

「好塩基球」が原因であり、予防法などの開発につながる成果である

という記事がありました。

自分もハチ駆除や薬剤を取扱う身として興味がありましたので載せておきます。

これにより血液を調べればアナフィラキシーを起こすアレルゲンを

事前に判定できるかもしれないそうです。

ハチ駆除でアナフィラキシーショックになるかどうか事前に判れば

ハチに刺されたときの危険性が低減させることができますので

早急に実現して欲しいものです。

posted by ラボ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

物理的防除

金曜担当高橋です。


本日は先日参加した薬剤メーカ主催のセミナーの事を書きたいと思います。

今回のセミナーでは大学教授の話や警察病院に勤務する先生の話など

とても為になる話が多く有りました。その中で物理的防除の話が少し

有りました。物理的防除とは前にも書きましたが薬剤を使わない防除です。

現在市販されている物ではシロアリが通れない大きさのメッシュを土壌

面に敷く物やアルミ板を敷くもの又、シロアリか加える事のできない

大きさの石を敷き詰め点圧をかける工法等があります。

当社としても薬剤を撒かずに予防が出来ればと思っていますが、今の現状

ではまだまだ初期導入コストが見合わなかったり効果が維持できない

等の問題もあり現実的ではない状況と言えます。

今後研究が進み適正な価格で薬剤を使わなくて良い方法が出来るように

当社としても色々考えて行きたいと思います。

その他シロアリを発見する機材もありましたが使う人によって結果が

異なる事が多いのでこちらも安定した結果が出るように改善が進めば

部分的にシロアリを駆除できるので良い方法だと思っています。


海外では色々な研究が進んでいるので当社も多くの情報を取り入れ役だて

ていきたいと思います。


様々なお問い合わせはこちら
posted by ラボ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

技術員と作業員

こんにちは 木曜日担当の竜也です

私たちしろあり工事を担当するものは技術員と呼ばれて
います。この業界はこの呼び方が定着しているようです。

今日は作業員技術員の違いを私なりに考えてみました。

作業とは「流れ作業」などといわれるようにマニュアル
に沿って決められたことをこなすことで自分の意思や
自発性がこの言葉からは伝わってきません。

技術とは「技術を屈指して」「世界一の技術」などと使わ
れ、特定の目的を持ってその目的を果たそうとする意思や
誇りのようなものを感じます。

お客様の目線で考えてみると、家族構成・住宅の立地条件
建物の構造・周囲の環境どれをとっても同じ条件のお宅は
存在しません。

したがって、前者に述べた作業のレベルでは到底すべての
お客様にあったサービスは提供できないと考えます。

私はお客様の目線で考えたり、感じたりすることを私自身
1番大事にしております。後者で述べた「技術」の高みを
目指していきます。

我々アイジーコンサルティングには作業員はいません。
これからも技術員としてお客様1人1人にあった提案・
アドバイスをしていくことお約束します。

posted by ラボ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

定期的な手入れ

こんにちは!

火曜日担当の竹中です。

本日は帰社してから動力噴霧器(動墳)のメンテナンスをしました。

動墳というのは毎日工事で使うものです。

しかしメンテナンスを怠ってしまうと圧力が上がらなかったり

薬が漏れてきてしまいます。

毎日使うものだからこそメンテナンスが必要なんです。

この事はお家にも繋がります!

日々暮らしているお家だからこそメンテナンスが

大切なんです!

お宅のメンテナンスを行うとしても目に見え難い所というのは

気付きにくいものです。

特に床下は見る機会が無くよくわからない所です。

そういった見え難い所はプロにお任せください。

床下のプロはこちらです。


posted by ラボ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

試験合格が目的ではありません。

 今日は朝から健康診断で採血の貧血感とバリウムの後味の悪さに
苦しんでします。月曜日担当の稲葉です。

 今年は名古屋店のメンバーもしろあり防除施工士の試験を
受験していまして3月7日に1次試験を受けてきました。

本人曰く合格できるか微妙なところらしいですが上司としては気になりますね。

ただ資格を取る事が目的ではなく業務に関わる幅広い知識を習得してもらいたいので当社の技術員に義務付けているわけです。

問題のレベルはともかく内容は知っておかないといけない事は勉強できるものです。

簡単に説明すると
@木材について:建築物の資材として使われシロアリが食べる木材の
特徴や性質を勉強します。

Aシロアリの生態と被害:敵を知らずして…

B腐朽:木材にとってシロアリと並ぶ脅威

C防蟻防腐薬剤:薬剤についてもいろいろな性質があります。

D建築物に関する知識:お客様の生命、財産の保護が目的です。

E防除処理:実務的な知識

とこのような内容になっています。

試験に合格するために勉強するのではなくプロとして幅広い知識を得るために勉強して欲しいものです。
posted by ラボ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

天然物

金曜日担当の高橋です。


今日は当社でも使用している天然物薬剤について書き込みます。

シロアリの消毒で天然物??っと思われる方もいると思いますが、消毒

剤でも天然物の原体を使用した物があります。日本しろあり対策協会の

認定剤では「天然ピレトリン」と言う薬剤があり当社でも使用しています。

除虫菊.bmp



この薬剤は皆さんも良く知っている「蚊取り線香」と同じぴレスロイド剤

になります。蚊取り線香などに含まれているピレスロイド剤は科学的に

造られた物になりますが、天然ピレトリンは除虫菊から抽出した天然

の物を使用した物です。


先日お客様から「この薬剤の原料は何処で生産されているの?」言う

質問を受けたと営業から話が上がってきました。

この薬剤原料の生産地はアフリカ地方で栽培された除虫菊を使用しています。

天然物と言っても薬剤であることには違いないので取り扱いには注意が

必要です。


化学薬剤はちょっと抵抗があると言うお客様はこちらまでご相談ください。


posted by ラボ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

お客様からの質問

こんにちは 木曜日担当の竜也です。

今日は、現場でのお客様からの質問について書きたいと
思います。
工事に行った際にお客様に聞かれることで1番多いのが
薬剤のにおいについてです。

薬剤自体はにおいの少ないものが多くなってきましたが
実際は無臭のものはありません。
特に木部に使用する薬剤はにおいの強いものが多いです。
においの感じ方には個人差があり好きなにおいも違うも
のです。
工事を頼む前に、事前にどんなにおいか確認されること
をおすすめします。

お客様の財産を守るのはもちろん、住んでいらっしゃる
方の健康も考えた提案を心がけております。
安全・快適を追求する当社、アイジーコンサルティング
まで御相談ください。
posted by ラボ at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

木材の種類

こんにちは、ファーブル水曜日担当の相川でするんるん

明後日はシロアリ防除士の資格取得の為の一次試験があります。

シロアリ防除士の試験は、生態、腐朽菌、木材、薬剤、建築物などの五つの項目について分かれるのですが、本日は木材についてお話させていただきます。

木材が家の構造として使われるメリットとしましては軽量な割りに強度が大きく、切削、切断、研削などの加工が安易であるといった事ですが、

逆にデメリットとしては、火災に弱く、水分の変化により反り、曲がり、割れ等の変形を生じやすいといったことが事があります。

木材は、針葉樹材と広葉樹材などにわかれるのですが、家の土台や柱などの床組みに使用されるのは、ヒノキ、スギなどの針葉樹材が多いです。

針葉樹材とは他にもマツやモミなどがあり、英語でsoftwoodと呼ばれ軟らかい木と呼ばれています。

また使用する木材も生木を自然乾燥させたグリーン材や、人工的に感想させたKD材などといった物があります。

KD材はグリーン材よりも水分を含みにくく、これにより腐朽菌などの劣化が生じにくいといった特徴があります。

これから新築、改築を考えている方などは、一度木材について目を通してみてはいかがでしょうか。
posted by ラボ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

新築の消毒とは

こんにちは!

火曜日担当の竹中です。

本日は新築の建設中のお宅の消毒をしました。

基本的には建設中のお宅は床下には潜らずに

薬を散布します!
48 薬剤散布処理.JPG
実際の新築時の散布の写真ではないですがこんな風に撒きます。

既に建っているお宅にも

新しく建てるお宅にも消毒は欠かせません。

これから家を建てる方!!消毒はお任せください。

詳しくは<こちらまで




posted by ラボ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

新規メンバー加入です。

はじめまして今回から月曜日を担当する事になりました稲葉です。

大学で農薬の安全性に関する研究をしていましたが現場の魅力に取りつかれ10年以上1技術員としてがんばってきましたが

シロアリの薬剤や当社で扱っている商材の性能を確かめたくて
自分でできるところは自分で実験して確かめようと
現場の合間に日々研究中であります。

これから現場で培ってきた経験と研究室で学んできた学術的な知識を使いためになるわかりやすい情報を発信できればと考えていますので

これからよろしくお願いします。
posted by ラボ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。