2008年02月29日

私たちの想い

金曜日担当の高橋です。


今回は私たちアイジーコンサルティングになる前の技術井上白蟻研究所

時代に作成した理念(技術員心得)について書きたいと思います。


私達技術員はこの心得を今でも基本として行動しています。この心得に


書いて記している人としての行き方を忘れることなく行動に移していく


事で真のサービスを提供できると確信しています。


今までも、そしてこれからも心幹に染めお客様の財産・想い出を守って行きます。



研究員心得

一、常に礼儀礼節を徹底すべし

一、技術の向上を図り、業務に関わる全ての事を勉学すべし

一、常に相手の立場で考え、その場で出来る最善を尽くせ

一、社内外に目を向け、現状に甘んじることなく行動すべし

一、創業の精神を心幹に染め、全業務に取り組むべし

一.感動なき処に真の顧客満足は無い事を知るべし





私たちの活動はこちら
posted by ラボ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

伝えるということ

こんにちは 木曜日担当の竜也です。

先日、当社の技術全員があつまり会議をおこないました。
みな思い思いに議題を持ち寄り参加型の会議になりました。
大勢の前で発表することに慣れていないために多くの者が、
自分の想っていること言いたい事をを伝えるのに苦労して
いました。(もう少し場慣れしましょう)

伝わるか、伝わらないかはその人の本気度合いで決まると
思います。1対1でも難しいのに相手が大勢ではなおさら
難しくなります。
言葉で行動で第3者を介していろいろな方法がありますが
いずれにせよ本気でなければ伝わらないと思います。

最近はこれくらいでわかってくれるだろうとか、言っても
無駄だから、面倒臭いからまあいいかなど考えてしまう事
が多いです。

しかし、会議でのみんな不器用だけど伝えようとする真剣
な姿を見てこんな自分じゃいけないなと気づきがありました。

技術の仲間に感謝です。






posted by ラボ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

より良い住環境を。

こんにちは、ファーブル水曜担当の静岡の相川でするんるん

本日は浜松にて、私たち技術の全体会議を行いました。

会議の内容といたしましては、各自の工事の方法や、

竹炭など床下の調湿剤の効力の再確認、またマニアックな勉強などさまざまでしたが、

皆技術をより良くしていこうという気持ちがあり、会社のレベルの高さを感じました。

私も養生について議案を出しましたが、お客様のお宅を汚さない為にも、

我が社では養生、掃除などには徹底しています。

より良い住環境を目指す為にも、日々研究しています。
posted by ラボ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

白蟻駆除

こんにちは!

岐阜から発信こと竹中です。

今日は白蟻の駆除工事をしました!

検査の時点では白蟻がいたそうなんですが

今回は見る事なく工事が終わりました。

今回のお宅は幸い部材の交換する程の被害はありませんでした。

しかし被害に遭わないことが一番です!

羽アリが出てしまったらもう被害に遭っており

つまり手遅れなんです。

そうならないように定期的な調査と消毒が必要です。

我が家が気になった方はこちらまで

posted by ラボ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

またまた出て来た毒物

金曜担当の高橋です。


毎日のニュースで必ず出て来る冷凍餃子にまたも新しい毒物が出てきましたね。


その毒物はパラチオン!この毒物


は一般の方でも聞いた事がある毒物だと思います。何故かと言うと昔



ベトナム戦争などで用いられた枯葉作戦で使用された薬剤なのです。



このパラチオンの毒性はLD50値:10mg/kgです。60キロの体重の


人にパラチオンを投与すると10mg×60kg=600mg で死んでしまう


量のとても毒性の強い薬剤です。(特定毒物となっています)


パラチオンを体内に取り込んでしまい死にいたらなくても中毒症状が


でるほど摂取すると脳障害などの後遺症が残る可能性が高いと言われています。


歴史をさかのぼると、パラチオンやDDT・タブンなど今は危険毒物と


して扱われている物でも通常にシラミの駆除で頭にかけたりと言う事が


普通に行なわれていたようです。



多くの情報・新しい情報をいち早く入手し吟味したうえで使用する事が


とても大切だと思います。 私たちの消毒業界でも多くの薬剤を使用する


のでより慎重に厳選し提供していけるよう日々勉強しています。



そんな活動を見てみたい方はこちらへ
posted by ラボ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

床下だけなの?

こんにちわ 木曜担当の竜也です。


P1010009.JPGP1010015.JPG


先日、イエシロアリの駆除に行ってきました。
上記の写真はそのときの小屋裏の工事写真です。
造りは木造ですが、一般のお宅のように床下がある構造ではなく
店舗の駆除工事でした。
店舗の床のコンクリート面から侵入し、柱を食害しながら小屋裏
まで被害が及んでいました。
イエシロアリは加害範囲が広く住宅全体に被害が及ぶことも珍しく
ありません。
これは、目に見えない木材の中を食害していくためシロアリ
いることに気づかず被害が進んでしまうからです。

この物件の隣のパン屋さんも、建物の外から見てわかるぐらいに
シロアリに食害されていました。
外から見て分かるぐらいですのでかなり被害は進行していますが
「お金がない」ということを理由に防除するつもりはないそうです。
金銭的に余裕がありシロアリに入られたら建て直せばいいと
いう方は防除する必要はないと思いますが、現状被害の進んでいる
建物内にいて地震がきたらと思うとぞっとします。
ましてや不特定多数の人が出入りするお店ではなおさらです。

シロアリの防除工事はただ虫を殺して、いない状態にすれば
それでいいということではないと考えます。
被害の度合いや範囲を調査し、補強などの改善提案をして安心して
住んでいただける環境にするのが私たちアイジーコンサルティング
の仕事です。









posted by ラボ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

床下に入れない

こんにちは。

岐阜から発信です。

今日伺ったお宅は床下の高さがなく床下に入れませんでした。

その為、泡沫処理という泡の処理を行いました。

お家の通風口から泡を送り込む事が多いのですが

今日はキッチンの床下収納庫から泡を送り込みました。
泡沫処理実際の写真です。

床下にはいれなくても様々な方法で処理を行う事ができます。

床下が低くて困っている方はこちらまで

ご連絡ください!
posted by ラボ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

私たちの仕事

金曜担当高橋です

私たちの仕事は白蟻予防工事や駆除工事ですが工事を行なう際には必ず


床下に入らなければいけません。昔の家は縁の下が高く建物外周の板を


はずし入る事も出来たので入った経験がある方もいると思います。



最近では建物は基礎コンクリートの上に建っており外周部分から入る事は


殆ど出来ない状態です。 この床下ですが最近の住宅は基礎が高く造られ


床高も40センチぐらい確保され、また部屋毎の通気も考えられているので


部屋の間仕切り部分は簡単に通り抜ける事が出来ます。



しかし、一昔前の住宅は関東大震災の影響から丈夫に造る事に視点を



置いており基礎は人が通れるほど大きく開いていないのが現状です。



では、どのぐらいの床高と通気穴があれば人が入って工事が出来るかと言いますと


普通の体型の人で、床高25センチ・穴の大きさ約ブロック1個分(横40センチ・高さ20センチ)


で入る事ができます。当社の技術員で一番体が小さい物だと床高17センチ


穴の大きさA4サイズ横 30〜35センチ・高さ16〜18センチで入る事が出来ます。


当然床高が低くなればなるほど工事は大変になりますが財産である住宅


を守る為に全力で取り組んでいる毎日です。


こちらもご覧下さい。
posted by ラボ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

しろありの供養塔

こんにちわ 木曜日担当の竜也です。

昨日、TVを観ていたらしろありの供養塔が紹介されていました。

和歌山県の高野山にあり世界遺産にも指定されているところです。

実は3年ほど前に和歌山に旅行に行ったのですが、それがあることすら忘れていました。(よってくればよかった・・・)

(社)しろあり対策協会という団体が建てたもので、我々アイジーコンサルティングも加盟しております。

弊社はしろあり対策協会で、認可のおりた薬剤を使用し、しろあり防除士という資格を持ったものが工事をおこないます。

アイジーコンサルティングに安心して工事をお任せください。



posted by ラボ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

静岡現場日記E「床組みが危ない」

こんにちはexclamationファーブル水曜担当の相川でするんるん

今日のお宅では工事の後にコーヒーを頂きました喫茶店

この時期現場作業の後のあったかいコーヒー。いや〜たまりませんグッド(上向き矢印)

さてさて、前回は床組みの部材束柱について書かせていただいたので、本日はシロアリと同じく木材の天敵である腐朽菌についてお話しますグッド(上向き矢印)

まず、腐朽菌には木材腐朽菌それ以外の腐朽菌があります。

木材腐朽菌には褐色腐朽菌白色腐朽菌の二種類がありますが、住宅にもっとも関係するものは、この褐色腐朽菌ですがく〜(落胆した顔)

褐色腐朽菌の特徴としましては、木材に含まれるセルロースへミセルロースを分解し、リグニンはほとんど分解しません。

縦横に亀裂が走るように腐朽していき、指で押してみるとボロボロと粉上になって砕けていくのが特徴ですたらーっ(汗)

では、なぜこのような腐朽菌が発生してしまうのでしょうかexclamation&question

簡単に言えば、湿気が原因です。

まず湿度が上がると木材の細胞内に結合水というものが発生します、そして、その細胞壁で吸収しきれなくなると、細胞壁の空隙に自由水が発生します。この自由水が発生が腐朽の原因になります。

この自由水が発生するのは木材に含まれる水分である含水率が28%ぐらいからです。

床下は土壌からなど、湿気がたまりやすい場所のひとつです。

シロアリ予防をすると同時に湿気の対策も考えていきましょう。


次回黒ハート

そんな腐朽菌はどの様に成長していくのか。

「腐朽菌の成長」をお見逃しなく手(チョキ)
posted by ラボ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

改築するなら消毒も

こんにちはexclamation岐阜から発信です。

本日は改築時の消毒をしてきました晴れ

タイル貼りの造りのお風呂をユニットバスに替えるとの事でしたいい気分(温泉)

ユニットバスに替えるといい事が幾つかありますexclamation

タイル貼りの造りのお風呂は床下がないので(土が詰まっているから)

床下で白蟻の被害にあっていても水漏れがあっても気付きにくいのですたらーっ(汗)

しかしユニットバスの場合は床下があり検査し易いのです手(グー)

他にもタイル貼りのお風呂ですと特に冬にはタイルが冷たく

辛い思いをする事もありますもうやだ〜(悲しい顔)

しかしユニットバスの場合タイルのように冷える事もなく安心ですわーい(嬉しい顔)

他にもユニットバスに交換するといい事がありますぴかぴか(新しい)

詳しくはこちらまで




posted by ラボ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

シロアリは床下だけだと思っていませんか?

金曜担当の高橋です。

金曜に書けなかったんで本日書きます!今日は、土曜日に調査へ伺ったお客様


の状況をお伝えしたいと思います。皆さんはシロアリは床下にしか居ないと思


ってませんか?地域によってはイエシロアリと言うシロアリが生存していて


2階梁まで被害が及ぶ事は珍しくありませんが、今回はヤマトシロアリで2階梁まで食害がありました。


写真赤い⇒部分が蟻道です

小屋裏蟻道.bmp




通常の状態では殆ど2階まで上がる事は無いのですが


条件が整えば今回のようにどんどん上がってしまいます。


では、今回の現場ではどの様な条件だったかと言うと

@2階屋根の瓦が傷み雨漏れをしていた。

A雨漏れをしていていた場所は家の角の部分。

B雨漏れ箇所の1階部分はタイル張りの浴室だった


この3つの条件が上手く重なり2階までの被害になったと考えられます。


今回のお宅では、被害箇所は拡大しましたが木材自体の食害は軽い物だったので


消毒を行なえば補修工事などは必要にならない程度でした。



皆さんもアレ?何か変だな?っと思ったら必ず専門家の診断を受けてください。



ん??アレ?と思ったらこちらへ
posted by ラボ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

最近の話題

こんにちわ 木曜担当竜也です。

また、毒の混入事件で新しい名前が出てきました。
その名もジクロルボスです。

この薬剤の特性は揮発性が高いことです。
この特性を利用してハエ・チョウバエなどの駆除に使用されます。

飲食店のトイレなどにぶる下がっているのを見たことある方いらっしゃるのではないでしょうか。

日本から中国に調査団が行っているようですが、お互いにこちらの非ではないと主張しています。
国と国の問題で政治的な絡みもあるのでしょうが、こちらは悪くないと認めさせるような証拠の出し合いをみていると悲しくなります。

私たち消費者が望んでいることは原因の徹底究明と、安全に食べることができるようになるための再発防止策の提示であると思います。

私どもアイジーコンサルティングにしましても、安全を提供している会社として誠実さは忘れず、お客様にとって何が1番いいのかをこれからもお客様の目線で考えていきます。



posted by ラボ at 19:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

静岡現場日記D『強いぞすごいぞ束柱』

お久しぶりですファーブル水曜担当静岡の相川でするんるん

先週の水曜日は、防除士の資格取得の為、東京に行ってましてファーブルを更新する事が出来ませんでしたふらふら

忘れていたわけではありません…決して。…すみませんバッド(下向き矢印)

岐阜から床下の根がらみについて書かれていましたので、本日は束柱についてお話します手(グー)

束柱は名前の通り、床下の柱です。

そして床下の中で地面に一番近い木材になります。

木部の消毒をする際にも特に念入りに処理をする所です。

ところで、この束柱は何故木の伸びる方向に収まっているのでしょうか?

木には繊維方向、放射方向、接線方向の3つの向きがありますが、木が伸びる方向を繊維方向と言います。

他の方向は水分を含んだ後、乾燥すると縮んでしまう事がありますが、この繊維方向には乾燥しても縮みにくいのです。

買ったばかりのジーパンを洗濯したら…あらビックリ!縮んで履けなくなっちゃった!…なんて経験ありませんか?

私はありますバッド(下向き矢印)今年ありますバッド(下向き矢印)

床を支える木材にこのような事があってはいけません手(グー)

家の作りって何処をとってもこのようにしっかり考えられているんですね犬



次回黒ハート

そんな束柱に襲い掛かる天敵!腐朽菌とその含水率に付いてお話します!

『床組みが危ない!』お見逃しなく手(チョキ)










posted by ラボ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

お家に優しく僕に厳しく

本日は岐阜から発信です!

まず写真を見てくださいexclamation
P1016261.JPG

柱と柱の真ん中あたりを横切っている木がありますよねexclamation&question

これは根絡みといって柱同士を繋いで

バラバラにならないようにしているものですぴかぴか(新しい)

地震に強くなるお家に優しい物ですわーい(嬉しい顔)

しかしこの木は床下を進む際に大変な思いをさせてくれます。

この根絡みの上を通ったり下を通ったりと

すんなりとは前に進めませんたらーっ(汗)

入社当時の私はこの根絡みに何度も挫けそうになりましたもうやだ〜(悲しい顔)

しかし何度も経験していくうちに

だいぶスムーズに進める様になりましたexclamation

こちらには根絡みにも強い方々がいます。

床下を含めて疑問などあればどうぞ!



posted by ラボ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

薬剤について

こんにちわ 木曜担当竜也です。木曜日はお休み頂きましたので本日担当します。

今、冷凍餃子の薬剤混入問題が起きていますが、薬剤を使用する会社で働く者として、薬剤使用について考えさせられる事件であります。

しろあり防除工事に使用する薬剤も農薬であることをご存知でしょうか?
しかし、一般的にしろあり用の薬剤と皆さんが口のする野菜・果物などに使用する薬剤は区別されています。

何が違うのでしょうか?

大きくは濃度・薬剤残効量の違いです。
皆さんが口にする野菜・果物については、スパーなど並んでいる時点で安全基準の数値になっており人間が口にしても影響ありません。
薬剤がほとんど残っていないのです

一方、しろあり薬剤はしろあり対策協会で認可のおりているものに限りますが、そこで定められている5年間という年数効果を持続するように作られています。
5年間は薬剤が残っているということです

したがって、前者は薬剤が残らないのが目的でありますが、後者は薬剤を残すのを目的としています。

ここが前者と後者の大きな違いです。

今回の事件では、薬剤の原体が混入していたのではなどの報道がされていますが、いずれにせよ高濃度の薬剤が混入していたのは間違いないでしょう。

医療でも用法・用量をご確認の上と記載されていますが、使用する目的によって薬剤も選定しなければなりません。薬剤と聞くとすべてが同じような効果を発揮すると勘違いされ易いのですが、薬剤1つひとつに特性があり、そこにはメリット・デメリットが存在することを知る必要があるでしょう。

薬剤は日々進化し、市販されている殺虫剤も新しいものがどんどん世の中に送り出されているのが現状ですが、何でも薬剤撒けばいいという時代ではありません。
先にあげたメリット・デメリットを理解したうえでの使用をお勧めします。

私たちの使命はお客様に安全を提供することです。

安全に対するご相談は当社、アイジーコンサルティングまで





posted by ラボ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

温暖化が齎す脅威

金曜担当高橋です。


最近はインフルエンザや嘔吐下痢症など色々なウィルスが各地で猛威を

振るっていますが皆さんは体調崩していませんか?

私は早速流行りに乗りインフルエンザを貰いました。(完治しましたが)


今回は地球温暖化の影響からおきている問題の一つで昆虫生態系への

影響について書きたいと思います。前回もアルゼンチンアリについて

書きましたが、今日の昆虫は人間に大きな害を与える(死に至る事もある)

アフリカマイマイについて書きます。


マイマイとは日本で言うカタツムリです!このカタツムリは東アフリ


カのモザンビーク、タンザニア付近のサバンナ地域が原産といわれて


いますが、戦前に食用として沖縄などに持ち込まれた事で繁殖してい


るようです。このアフリカマイマイは病原体である広東住血線虫と言


う寄生虫を持っており、触ったり潰したりするとその寄生虫が人間の


体内に入り込み好酸球性髄膜脳炎と言う病気になります。


昨今の温暖化でこのカタツムリの生息地域も北上するのではないかと


言われています。まだ私たちの住む中部地域では生息確認されていま


せんが、繁殖力が強いカタツムリなのでそのうち私たちの近くにも出


現するかもしれません・・・。



日々の性活の中にも毒や寄生虫を持った虫は多く生息しているので



まずは、敵を知り予防できる事は自己防衛するようにしましょう!





害虫・シロアリのご相談はこちらへ


posted by ラボ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。